×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




鶴ヶ城の桜

2006.4.29





夕日を浴びる小彼岸桜。









今年は強風や雨が降ったにも関わらず、小彼岸桜もソメイヨシノも長持ちしました。
よく頑張ってくれたなあと感じます。










雪が降ったようです。










散り際ですが、いつもながら素晴らしい形です。










二の丸より北出丸の追手門付近をズームで望む。










日が暮れます。









壕に浮かぶ花弁。











雪が降ったようです。









石垣のアップ。










何かギターで懐メロが聞こえるなあと思ったら、ミニコンサートのようなものが催されていました。









まだ日があるうちに、月見櫓付近から天守閣を撮影してみようと思います。









桜と鶴ヶ城の写真も、今年は今日で最後かなあ。










茶壷櫓より廊下橋と二の丸を望む。










暮れなずむ空と葉桜。










肉眼で見た時は、もうちょっと赤い空でした。










一眼レフ三脚軍団が日暮れを待ってベストポジションを占拠しています。
その為に、あの場所から撮影できませんでした。
さっき通り過ぎた頃から占拠が始まっていましたので、ずっと居るのでしょう。
だから嫌いなんだよな、三脚軍団は。
地面も荒れるし、鶴ヶ城と御薬園は三脚禁止にするべきです。










葉桜と廊下橋。









二の丸テニスコートは雪が降ったように桜が散っています。









ささやきケ丘小公園より、落日。











ささやきケ丘小公園は幻想的な雰囲気になっていました。










梅も桜も咲いていますが、山吹や雪柳も咲いています。










江戸時代の城下絵図にも描かれている天神様です。
天神橋の名前の由来は、この天神様でしょう。








枝垂桜も色がすっかり薄くなって、終わり間近です。



戻る