×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



会津絵ろうそくまつり 2006




鶴ヶ城にて開催される冬のお祭りです。

※詳しくはオフィシャルサイトを御覧下さい。




鶴ヶ城の三ノ丸駐車場付近にあった案内板です。

天守閣ライトアップはどうして一時的に消えるのでしょうか?
ろうそくの明かりを生かす為?






三ノ丸方面から入城します。
廊下橋を通過し、二ノ丸の石垣の突き当たりの雪の塊の上に
ろうそくが灯されています。
雪の段差を生かした配置は初めて見ました。








同じく、石垣の突き当たりの所には
ろうそくが集中しておいてありました。










帯郭を抜け、本丸へ向かいます。









天守閣です。
冬季の鉄門は閉まっているので、蒲生時代の正門からのみ本丸に入る事ができます。
個人的には、城の向きからして、三の丸方面が本来の正門の雰囲気があって好きです。
北出丸も立派ですけど、三の丸〜二の丸方面贔屓です(笑)

霙が降っています。気温はさほど低くありません。










18:00からの開会式は賑わっています。










一応、菅家市長と県知事の挨拶は聞きましたが、点灯式は混雑で見えなかったので早々に諦め、本丸内を回ってみることにしました。

↑本丸御殿跡には、一昨年はあって、去年は無かった物があります。
バケツに入った蝋燭で文字が表現されており、天守閣に登って上から見下ろすと見えるのです。










おそらく「ゆきほたる」と書いてあり、
中央にはホタルの姿が表現されていると思われます。










ほたるの顔。
微笑んでいるようです。











月見櫓付近より天守閣を見下ろします。
今年こそは階段が除雪されているのではないかと期待していたのですが、
やはり雪はそのままで、滑り台のようになっていました。
上るのも降りるのも非常に難儀しました。

もし転んだら、怪我はもちろん嫌ですが、デジカメが壊れるのも嫌です(^^;










バケツに入った蝋燭があると、工夫次第で様々な雰囲気の写真になり、面白いですよ。
去年はこれが無かったので、写真撮影好きとしては面白みに欠け、辛かったです。(一昨年はあったのです)












天守閣をぐるりと巡ります。












この場所が、紙に包まれた蝋燭が最も綺麗に写ります。











並んでいます。












ナスカが歌を歌ってくれました。

この後、甘酒が無料で振舞われたので、ご馳走になりました。
ラッキーです(^^)













天守閣前には、大きいサイズの高級絵ろうそくが
気合を入れて並べてあります。

火をつけてからまだ間もないので、短くなっていません。











個人的にはベストショットです。
これを撮る為に、物凄い姿勢になっています(笑)













休憩所で横須賀カリーパンを食べました。












休憩所を出て、太鼓門を通り過ぎ、北出丸に向かうと
今までに見た事が無い燭台が見えてきました。














へ〜、新しい試みです。













こりゃキレイだわ〜。
本郷焼きの、光を遮る器よりも格段に良いです。非常に見栄えがします。













ちょっと有職文様風ですてきです。
うーん、肉眼で見たほうが絶対に良いです。










  

写真の撮り方を変えると、こんなに違いますよ。
溶けた蝋が風に吹かれて「笹野一刀彫り」のようになっています。














会津絵ろうそくは芯が太いです。








この技法だから芯が太いのです。
絵ろうそくの芯の中央は空洞になっています。














溶けた蝋の形が面白いです。

















先程よりも短くなっています。








頑張って天守閣を入れてみました。














最後にもう一度、バケツに入ったろうそくを見ました。













こういうろうそくの使い方は、撮り方の工夫によって色々と面白くなるので良いですね。















覗き込んでみました。














バケツのアップ。















きっと、138年前に篭城して亡くなった方々も
楽しんでおられる事でしょう。

今年は、入り口付近の寂しさと、せっかくの雪を活かしきれていない以外は
例年よりずっと良くなったと感じました。

何でかんで入れ物を使わなくても、バケツに雪を詰めてひっくりかえせば
タダで雪洞ができるのになあ。もうちょっと入り口付近から「わあ!」と気持ちが高ぶるような演出があれば良いと思います。

さーて、明日は山形県米沢市の「雪灯ろうまつり」に行かねば!
米沢は雪の使い方が非常に上手いのですよ。


戻る