×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2006.3.21
会津彼岸獅子・4

会津若松市役所本庁舎前





会津若松市役所は明治・大正期のモダンな雰囲気がありますが、これはそうイメージして作ったのではなく、本当に古い建物なのです。
中とか古くてすごいですよ。趣があって嫌いではないです。








雪が瞬く間に降り積もって行きます。







小松獅子はすでに到着していました。








ここも、場所が狭い上、足場が悪そうです。








「庭入り」?








あ、また太夫獅子が右側に居ます。
理由が分かったので良かったです。








雪のせいでよく見えません。
すごい事です・・・。








太夫獅子の足元が危険です。
転倒してしまうのではないかと気をもみました。







一世風靡っぽい。







傘が重くなるほど雪が降っています。







「庭入り」?が終わりました。








雄獅子による「弓潜り」です。







「潜ろうかな?」







「やっぱりやめた」









「潜っちゃおうかな?」







威嚇してみたり。








おそるおそる。








「よし、潜るか!」







「やっぱりやめた」








「今度こそ!」







「えいっ」








三匹での踊りです。







「山おろし」?
袖を掴む仕草が良いです。








狭くてご苦労様だなあ。

そうそう、ここでも小松獅子団の人に色々話を聞くことができました。

「太夫獅子が、女獅子と雄獅子のお尻を叩く仕草をするのは何なんですか?」
「あれは焼きもち焼いてんのよ。三角関係だから」

なるほどね〜、面白いなあ。理由が分かれば仕草を見るのも楽しいです。

次はリオンドールなので、きっと足場は大丈夫でしょう。
ここから近いので、歩いて向かう事にします。


次へ